本社

林 奈々

人事総務部 システムマネージャー

2012年 入社

東邦大学 理学部情報科学科 出身

林 奈々

どのような仕事をしていますか?

全国の60店舗以上で使用している機器関連の手配と管理、スタッフが使用する基幹システムのサポートを担当しています。
業務を行っていく上で、使いにくい点や困っていることを全国のコーディネーターや店長からヒアリングし、システムや仕組みを改善しています。

入社前のイメージ・入社後に感じたことは何ですか?

入社前はシャンデリアに照らされたキラキラした夢のような空間!というのがフォーシスのイメージでした。
当たり前ですが、そのシャンデリアは、これから夢を叶えるご新郎ご新婦を照らす為にあります。コーディネーターはそんなご新郎ご新婦様の夢を叶えるお手伝いをし、私はさらにそのサポートをしています。
裏の裏の仕事ですが、シャンデリアの下の幸せそうなご新郎ご新婦にお会いすると、私も幸せな気持ちになります。

FOURSIS&CO.の良いと思うことは何ですか?

働いているスタッフがみんな素直でまっすぐな頑張り屋さんであること!年齢や仕事内容に関係なく雑談や相談をすることができるので、可愛い妹がたくさんいる感じです。
またフォーシスでは、手を挙げればいろいろなことに挑戦できます。頑張った分だけ評価されます。良い意味で、日々状況が変化するのでついていくのが大変ですが、新しいシステムや仕組みが全メゾンで使われて「すごく良くなった!」とうれしいお電話を頂けると、とてもやりがいを感じます。

仕事をする上でどのようなことを心がけていますか?

何事も明るく笑顔で対応することです。システムは難しくてわからない、聞くのも怖いと思っているスタッフも多いので、怖がられないように気を付けています。
また、スタッフからの質問や疑問に対して丁寧に説明し、“理解”してもらえるように意識しています。

仕事のおもしろさ、難しさは何ですか?

全国の店長やスタッフと電話で話をしたり、会ったりすると、それぞれ地域や提携会場によって事情が違ったり、色々な意見が聞けるととても勉強になります。店舗のスタッフだけでなく、統括部長や本社スタッフからの相談も多いので、多方面の事情や思いを知ることができます。
また、本社は経理や人事など自分とまったく違う業務を担当している者同士が対面で仕事をしているので、いろいろな人が関わって会社が成り立っていることを実感できます。

思い出に残っている仕事は?

イギリス研修で本場のデザイナーのファッションショーを見れたことです。世界観に圧倒され、とにかく感激しました。
業務の担当はシステムですが、手を挙げれば誰でも海外研修に連れて行ってもらるのがフォーシスのすごいところ。直接業務には関係ないのですが、ドレスの買い付けの現場に立ち会わせて頂いたり、様々なデザイナーのドレス、シューズ、アクセサリーを見たり・・・
今まで見たこともなかった世界にすっかり感化され、まさに心の成長につながった数日間でした。

今後の目標を教えてください

フォーシスでドレスを選んでよかった!と思ってもらえるご新郎ご新婦様を1人でも増やすことです。そのために、日々の業務をシステムの面から改善し、コーディネーターが接客に専念できる環境を作ります。
個人的には、フォーシスが全国のドレスショップで1番ITが浸透している会社になれたらちょっとカッコ良いなと思っています。

こんな方と一緒に働きたい!

新店がオープンすると、インフラの立ち会いに行きますので、フットワーク軽く柔軟に動けることが重要です。
システム担当なのでパソコンやネットワークに関する知識はある程度必要ですが、それよりもフォーシスのドレスが好きで、商品マスタを登録しながらワクワクできる方が重要かもしれません。